給湯器を交換する|故障やトラブルの救援センター

キッチン

不具合が出たら

案内

不具合のサイン

長年使用した給湯器では不具合が発生する場合がありますが、そうした不具合にいち早く気づいて修理なり交換なりをしないと重大な事故に発展する場合もあるので危険です。給湯器の故障や寿命がきていることのサインとしては、お湯の燃焼時などの作動音が大きくなったり、異音が生じたりすることがあります。また、給湯温度が不安定になってお湯を使用している間に冷たくなったり暖かくなったりを繰り返したりといった症状も出る場合があります。他にも水抜き栓の場所以外から水漏れしていたり、本体から黒い煙が出ていたりするような不具合もあります。いずれにせよこれらの不具合が発生した場合には早めに業者などに連絡して、点検の上で修理か交換をするようにしましょう。特に黒煙が出る様な場合は危険なので、すぐに使用をやめるようにしてください。

新しい機種に変える選択

シャワーを使っていてお湯が急に冷たくなったり異音がしたり、そんな症状が出始めて、給湯器の故障か若しくは寿命かもしれないと思ったら修理か交換をしなければなりません。給湯器には耐久年数というものがあって、基本的には10年が目安となっています。これはあくまでも安全に使用できる期間という目安なので、実際には10年以上使えることが殆どなのですが、結局メーカーの方で修理に使うパーツなどが製造されなくなってしまうと修理できなくなるので注意しましょう。ある程度の年月使用した給湯器であるなら、修理できたとしても修理に余計な費用がかかる場合もあるので、新しい機種に交換したほうが割安な事もあります。新しい機種にすれば省エネ性能も向上するでしょうし、結果的にはお得になる場合も多いので、給湯機に不具合が見られた場合には修理だけでなく、新機種への交換も視野に入れておきましょう。

Copyright© 2016 給湯器を交換する|故障やトラブルの救援センター All Rights Reserved.