給湯器を交換する|故障やトラブルの救援センター

給湯器

自分に合った機種にする

風呂

給湯器には耐久年数というものがあって、あまり長い間使用している機種だとトラブルが発生した場合には修理よりも新機種に交換したほうがお得な場合もあります。給湯器には様々な種類があって、燃料などの違いによっても特徴は異なります。交換の際には十分考慮しましょう。

この記事を読む

給湯の設備

作業員

奈良のある会社では、給湯器のトラブル全般に迅速な対応を行っています。また、格安価格で様々なタイプの給湯器を販売しており、人気です。給湯器には一定の耐用年数があり、日頃のメンテナンスに気を配ることが求められます。

この記事を読む

湯沸かし器が故障した時は

woman

湯沸かし器の耐用年数

リモコンを操作するだけで暖かいお湯が出てくる給湯器は寒い季節にはなくてはならないものです。夏にはシャワーだけで済んでいたお風呂も冬にはゆっくりと湯船に浸かるという方も多いのではないでしょうか。給湯器は簡単に壊れる機器ではありませんが、毎日使い続けているうちに劣化してきます。給湯器の耐用年数は10年程度といわれています。しかし、給湯器の設置場所や使用回数によって耐用年数に多少の誤差は出てきます。給湯器が故障した時には、メーカーや修理業者に連絡することになります。その場合によく言われるのが古い給湯器は修理するよりも交換したほうが経済的ということです。修理するための部品を交換するより、ランニングコストや家族の人数に合わせた給湯器を選ぶほうがお得な場合があります。

費用

ここからは、給湯器を交換する場合の費用についてみていきましょう。一口に給湯器といっても様々な種類があります。ガスや電気、灯油を燃料とするタイプや電気とガスの両方を使って稼働するタイプもあります。深夜電力を使ってお湯を沸かしタンクに貯めて置く場合は、タンクを設置する場所が必要になります。また、家族の人数や家族のライフスタイルによって追い炊き機能が付いているかどうかも考える必要があります。給湯器本体の小売り価格は30〜50万円程度のものが多く販売されています。しかし、取り扱っている業者の多くは値引きして10万以下で販売しています。交換工事費用は3〜5万円程度で5〜10年間の保障も付けてくれるところもあります。交換工事については数社に見積もりを出してもらうと安心です。

不具合が出たら

案内

給湯器から異音がしたりお湯が安定してでなくなったりしたら、故障か若しくは寿命なのですぐに業者に連絡して点検してもらいましょう。古い機種の場合には修理に余分な費用がかかる場合もあります。ある程度の年月を使用した給湯器なら、修理ではなく新機種への交換も視野に入れておきましょう。

この記事を読む

Copyright© 2016 給湯器を交換する|故障やトラブルの救援センター All Rights Reserved.